読後焼却のこと/ヘレン・マクロイ

マクロイ75才のときの作品で、ネロ・ウルフ賞受賞作。
精神科医探偵ベイジル・ウィリングが登場するシリーズの最終長編(第13作)でもある。

読後焼却のこと
読後焼却のこと (ハヤカワ・ミステリ 1387)
ヘレン・マクロイ 山本 俊子
415001387X


作家や翻訳家が集まる共同住宅(平たくいうと下宿屋)で殺人が起きて…という話で、『幽霊の2/3』同様、業界ものといってもいいだろう。
75才でこれだけ書けるんだったら文句ないとするか、作品評価に作家のプロフィールは関係ないとするかによって、評価は変わってくると思う。

マクロイの長編を読むのはこれで5作目になるのだが、好みの順に並べると、
「暗い鏡の中に」>「殺す者と殺される者(旧訳)」>「割れたひづめ」>「読後焼却のこと」>「幽霊の2/3」
となる。

マクロイファン、シリーズファンはいいとして、マクロイ未体験という人にはオススメできない。
設定はいいんですけどね。有効活用しているとはいいがたいので。

読了:2010/10/15
採点:☆☆☆★


Track Back――>
*さいはての西*


▼関連作
暗い鏡の中に
暗い鏡の中に (1977年) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ヘレン・マクロイ 高橋 豊
B000J8U3O6


殺す者と殺される者
殺す者と殺される者 (1959年) (創元推理文庫)
ヘレン・マクロイ 中田 耕治
B000JARELO



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


[ 2010/10/18 15:14 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア