2010ドラフト会議の結果

昨日はドラフト会議が開催され、わが阪神タイガースは以下の顔ぶれを指名したのであった。

1 榎田大樹(投・東京ガス)
 ×大石達也(投・早大)
2 一二三慎太(投・東海大相模高)
3 中谷将大(捕・福岡工大城東高)
4 岩本輝(投・南陽工高)
5 荒木郁也(内・明大)

育成
1 坂口哲也(内・市立和歌山高)
2 島本浩也(投・福知山成美高)
3 穴田真規(内・箕面東高)

「即戦力の投手」というのが誰でも分かる補強ポイントだったので、1・2位は前評判どおりなら悪くない選択だと思う。大石を外したのは痛いが、同一リーグに行かなかっただけマシというものだろう。

ハズレ1位の榎田は、よく競合がなかったなという感じ。
速球は今イチらしいが、球種も豊富でマウンド度胸も良いとのこと。先発からブルペンまで左の枚数が不足しまくっているうちには、いくらでも働き場所がある。

2位の一二三も、スムースに指名できた。
野手転向したほうが伸びると前々からいわれているが、やはりピッチャーとして結果を出してきた人間にとって、素直にうなずけるものではないだろう。
ひとまずはピッチャーで勝負するようだが、最初はそれでいいと思う。意外とプロでも通用するかもしれないし。

で、3位に今年も懲りずにキャッチャーを指名。
同じ名前のキャッチャーがこないだまでいたな、そういえば。
ポスト城島は、小宮山、狩野じゃ不足ということ?

3位以下は将来を見据えた指名と思われるけど、外野手がひとりもいないのね。
マートンが来年いっぱいでいなくなった後の外野の布陣は、またそこで考えるということなのか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2010/10/29 13:17 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)
岩本投手
b,kさん、こんばんわ。
個人的に4位指名の岩本投手に期待しています。2009年センバツPL戦での好投が印象的です。偶然に高円寺某店に向かってウオーキング中にラジオ中継を聞いていました。
一二三選手は某球団監督の高校後輩なので、指名もありかと思っていましたが巡りあわせもありますね。堺市出身でジュニアホークス所属を考えると彼にとっては良かったのかもしれません。
[ 2010/10/30 17:29 ] [ 編集 ]
こんちは!
来年計算が立つのは前は能見とスタンリッジ、後ろは渡辺、西村、久保田だけなので(球児は出て行くと予想)、若手にはこのチャンスを逃さずに頑張ってほしいですね。高卒はじっくり、とも思いますが、そんな余裕あるチーム状況でなし。
一二三は大阪出身で虎ファンということから、タテジマの高校を選んだものと思われます(笑)。
[ 2010/10/31 11:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア