生首に聞いてみろ/法月綸太郎

正統派の謎解きを読みたくなって再読。

生首に聞いてみろ (角川文庫 の 6-2)
生首に聞いてみろ (角川文庫 の 6-2)法月 綸太郎

おすすめ平均
stars評価の基準がわかりません
stars期待はずれ…
starsちゃんとしたミステリを読んだ気分になる
starsまたもや
starsつまらない・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


初読時の感想を、本のブログの過去ログから転載。

この作者らしい几帳面に構成された本格ミステリ(コースで言うと真ん中低め、やや外寄りといったところか)。
ではあるが、目を惹くタイトルの割りに内容は地味で、読了後の満足感は薄い。ところどころ不自然さを感じさせる部分もあり、総合点もさほど高くない。
先だって短編集「法月綸太郎の功績」を読んで落胆、法月の真骨頂はやっぱり長編だなあ、と思ったものだが、久しぶりの長編という本作を読んで、どっちもどっちかもしれないと思い直した。このミスの1位はご祝儀と見るのが妥当だろう。
読了:2005/8/18
採点:☆☆☆★


今回も、特にこれに付け加えることはない。

再読:2010/10/28


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

[ 2010/10/30 11:51 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア