名探偵の奇跡/日本推理作家協会編

2004~2006に発表された短編ミステリーの中から、名探偵が活躍する12編を集めたアンソロジーとのこと。

名探偵の奇跡―日本ベストミステリー選集 (光文社文庫)名探偵の奇跡―日本ベストミステリー選集 (光文社文庫)
日本推理作家協会

光文社 2010-05-11
売り上げランキング : 133024

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下、寸評。


『地獄へご案内』赤川次郎 ☆☆★
赤川次郎って、こんなに読みづらかったっけ? というのが率直な感想。
読点の位置、会話から地の文への復帰の仕方など、リズムが合わなくて困った。

『審理(裁判員法廷二〇〇九)』芦辺拓 ☆☆☆
裁判員制度導入に合わせたストーリー。
ちょっと長いかな。法廷ものだから仕方ないかな。

『あるいは四風荘殺人事件』有栖川有栖 ☆☆☆★
火村ものは最初の2冊でやめた。合わないんだよなあ。これもやっぱり…。
学生アリスのほうは好き。

『願かけて』泡坂妻夫 ☆☆☆
物足りない。もう少し捻りがほしい。泡坂妻夫の名前に期待し過ぎ?

『雷鳴』大沢在昌 ☆☆☆★
一度しか使えないネタだけど、ゆえに新鮮で面白かった。

『棄神祭』北森鴻 ☆☆★
蓮丈那智シリーズを読むのは初めて。辛かった。

『先生と僕』坂木司 ☆☆☆★
この作者は初めてだけど、なかなか気に入った。他のも読んでみようかな。

『デューラーの瞳』柄刀一 ☆☆★
本アンソロジーのワースト。
この手の力業は島田荘司くらいの筆力がないと難しいかも。

『変奏曲〈白い密室〉』西澤保彦 ☆☆☆
設定は面白いんけど、この作品ではあまり活きてないと思う。

『四色問題』法月綸太郎 ☆☆★
エラリイ・クイーンの後期短編風。
ダイイング・メッセージはあまり好きじゃないしなあ。

『カランポーの悪魔』柳広司 ☆☆☆☆
2番目に気に入った。柳広司は短編が巧い。

『永遠の時効』横山秀夫 ☆☆☆☆
ベスト。頭ひとつ抜けている。

作者名五十音順で最後がこの2作になったのは、巡り合わせとして良かったのか悪かったのか。
ぼくのように最後まで読み通した人は、ホッとしただろうし、満足感もあったんじゃないかと思う。

読了:2010/11/15
採点:☆☆☆★


▼関連作
第三の時効 (集英社文庫)第三の時効 (集英社文庫)
横山 秀夫

集英社 2006-03-17
売り上げランキング : 5796

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※『永遠の時効』はこの続編


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

[ 2010/11/24 10:16 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア