墨攻/酒見賢一

墨攻 (新潮文庫)墨攻 (新潮文庫)
酒見 賢一

新潮社 1994-06
売り上げランキング : 27322

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中国戦国時代。非攻を唱える墨子教団(墨家)の一員である革離が、辺境の小国・梁に赴き、趙の大軍勢を相手に守城に努めるお話。
コミックもヒットしたけど、後半は翻案といえるほど異なる。
どちらも面白いが、どちらを上とするかは好みの分かれるところ。

非攻を唱える一方で守城(防衛戦争)技術を発達させた墨家の立場は、日本人には中国人以上に親近感をおぼえるのでないだろうか。
今の為政者に、国を守るための信念と知恵と技術があるかは疑わしいものだが。


読了:2010/12/24
採点:☆☆☆★


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


[ 2010/12/30 13:32 ] | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

墨攻 酒見賢一
カバー装幀・挿画は南伸坊。 始皇帝が統一する前の戦国時代の中国。侵略されかけた国々を救援し、その城を難攻不落と化すのは、兼愛を説き、非攻を標榜する謎の墨子教団。小国・梁の防衛に派遣された墨子の俊...
[2011/01/22 01:20] 粋な提案
月別アーカイブ
フリーエリア