アラームが鳴る

うちは路地奥のアパートの角部屋で、その部屋の壁と路地に面した塀の間の1mもないくらいの狭いスペースに250ccのバイクを突っ込んでいる。
狙い澄ましたような場所に支柱があったりするため、そこに頭から入れるには細かく切り返しを繰りかえすなどせねばならず、必然的に出すときにもそれなりの手間がかかるのだが、といって油断は大敵なので、盗難防止のためにイモビアラームキット(*1)を装備している。

このアラームが、ちょっとしたことで鳴るのだ(むろん、鳴ってもらわないと困るんだけど)。

さっきの地震でも鳴った。
こないだの大きなやつでも景気よく鳴った。
その前の、震度2くらいのときも鳴った。

周囲の地盤もかなり弱いんだろうが、アパートの基礎の部分に謎の空間(*2)があり、小さな揺れで鳴るのはそのためだと思う。

思えば昨冬、雪が積もったときも、屋根から落ちた雪がバイクにぶつかり、一日中、鳴りまくっていた。
近所迷惑なことで申し訳ない。


(*1)バイクが揺れたらアラームを一定時間鳴らす他、直結を防ぐために点火系をカットするらしい。
(*2)ちなみに謎の空間の存在は、バイクの重みで地面に穴が空いて気づいた(サイドスタンドが踏み抜いた)。びっくりした。そのへんから土を持ってきて埋められるような簡単な隙間ではないので、ほったらかしてある。そして同じことが起きないよう、バイクのスタンドは、駐めるときにシャベルの上に乗せている。

[ 2005/08/16 12:45 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア