ばんば憑き/宮部みゆき

時代ホラー(怪談)集。
収録されている6編は連作ではなく、おのおの独立した作品だが、一方で『お文の影』は『日暮らし』の、『討債鬼』は『あんじゅう』のスピンオフになっている。

ばんば憑きばんば憑き
宮部 みゆき

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-01
売り上げランキング : 1098

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


全編いずれも印象深い物語で、さすが宮部みゆき、というしかない。今さらだが。
『ばんば憑き』は収録作中ではやや異色の構成だが、恐怖の質は最も高いので、これを表題作にしたのは正解。


読了:2011/4/20
採点:☆☆☆☆


Track Back――>
粋な提案


[ 2011/05/04 13:06 ] | TB(1) | CM(2)
妖怪・物の怪などに興味津々でしたので、これは大変読みやすかったです。
表題作を筆頭に、「博打眼」「討債鬼」が存分の読みごたえで堪能させられました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
[ 2013/06/07 16:06 ] [ 編集 ]
>藍色さん
ちょっと落ちていたので反応遅れました。
いつもありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきました。
[ 2013/06/15 10:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「ばんば憑き」宮部みゆき
江戸で小間物商を営む佐一郎・お志津の若夫婦は、箱根湯治の帰途、雨のために戸塚宿で足止めになった。そして、やはり足止めの老女との相部屋を引き受ける。不機嫌なお志津をよそに...
[2013/06/07 15:55] 粋な提案
月別アーカイブ
フリーエリア