敷き布団を新調


敷き布団を20数年ぶりに新調。

2年くらい前から、仰向けに寝ると背中と腰が痛んで仕方がない。お陰で、夜通しあっち向いたりこっち向いたりをくり返している。文字通りの輾転反側。
最初は枕のせいかな、とも思ったが、布団屋曰く「最近の若い人は気にしないみたいだけど、薄い敷き布団だと長生きできない。お客さんくらいの体型だったら、中身が4~5kgくらい詰まった固い布団じゃないと」とのこと。実際、ネットなどで調べたら、歳をとると筋肉が衰え、血行が悪くなるので、薄い煎餅布団は健康によろしくないという。
顧みて、うちの敷き布団はノートパソコンくらいの厚みしかなく、おまけに一部破れて中の綿がむき出しになっている(笑)。いい加減、引退の潮時かもしれず、この際だから新しい布団を買うことにした。

高かった。ちゃんとしたツクリのものということだと、このへんが最低線。ということでプッシュされたのが6,350円の羊毛混の敷き布団で。
仕方ない。信じることにしましたよ、布団屋の言葉を。

と、それが金曜のこと。2晩寝てみたところ、なるほど、確かに背中と腰の痛みが軽減された感じ。思い切って買い換えて正解だったかも!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[ 2011/06/12 14:15 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(2)
うちのも・・・
お久しぶりです。
寝苦しいのはお布団なんじゃないのかなと
思いつつも、買い替えても合わなかったら
どうしようかと躊躇していたんですが・・・
長生きしないかもー。
[ 2011/06/12 19:27 ] [ 編集 ]
こんにちは。お久しぶりです!

買い換えて合わない。それはぼくも心配でした。
枕も同じ理由から、積極的に新調する気になれません。
人生の1/3は布団のなかにいるわけで寝具が重要なのは理解できるのですが、先立つものが…。

少しずつ更新ペースを上げていきます。
引き続きよろしくお願いします。
[ 2011/06/13 10:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア