西本のおやじさん逝く


DAILY SPORTS ONLINE :西本幸雄氏死す…リーグ制覇8度
阪急、近鉄など3球団で8度のリーグ優勝を達成した西本幸雄(にしもと・ゆきお)氏が25日午後8時40分、心不全のため兵庫県宝塚市の自宅で死去した。91歳。葬儀告別式は未定。西本氏は50年に毎日へ入団。現役生活はわずか6年間だけだったが、60年に大毎の監督として優勝すると、その後は弱小球団だった阪急、近鉄を常勝チームに育て上げるなど、20年間の監督生活では華々しい成績を残した。


西本のおやじさんといえば、やはり「江夏の21球」に象徴される"悲運の名将"というイメージが強い。
阪急時代にしても、近鉄時代にしても、戦力的に相手(主に讀賣、広島)に劣っているわけでもないのに、あと一歩で勝利を逃している。巡り合わせとはいえ、忸怩たる思いがあったろう。
それだけに、阪神タイガースが監督オファーを出したときには受けてほしかったし、うちのチームを率いて日本一の座に着くことで思い切り溜飲を下げてほしかった。

名将逝く。

ご冥福をお祈りします。


余談だけど、『巨人の星』の中で西本監督率いる阪急ブレーブスが、星飛雄馬を擁する讀賣ジャイアンツと日本シリーズを戦い、これに敗れるというエピソードがあった。このとき勝敗を分ける決め手となったのが、大リーグボール1号(改良版)だったんですよね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2011/11/26 10:32 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア