街の灯/北村薫


ベッキーさんシリーズ第一作。
人間ドックのお供に選んだんだけど、終わる頃にはほとんど読み終えてしまった。


街の灯 (文春文庫)街の灯 (文春文庫)
北村 薫

文藝春秋 2006-05
売り上げランキング : 60986

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


謎解き要素が弱く、ベッキーさんもまだ本領発揮とはいかないようで、なんとなく薄味な印象。もう少し濃いめの味付けにしてもいいと思うんだけど…。
昭和初期の空気もちょっと物足りない。

ちなみに一昨年のドックのお供はフランシス『利腕』、去年はクリスティ『カーテン』でした。

【2012/2/1追記】
このタイトルなので想像はつくかもだけど、チャップリンの同名映画のラストに言及する部分があるのでご注意ください。


読了:2012/1/29
採点:☆☆☆★


Track Back――>
観・読・聴・験 備忘録


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


[ 2012/01/31 17:55 ] | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

『街の灯』
北村薫 『街の灯』(文春文庫)、読了。 「ベッキーさんシリーズ」ということで、 昭和7年の上流階級のお嬢様方の生活を舞台に謎解きの新シリーズです。 北村作品のお上品さが良く似合う舞台装置だと...
月別アーカイブ
フリーエリア