奇跡のツーショット


泉麻人の『50の生えぎわ』('09年刊)を読んでいたら、小林と江川のツーショットCMを取り上げていた。
歴史的和解、とまではいなかったようだが、喉に刺さった骨は生きているうちに抜いておきたいという気持ちが双方にあったんだろうな。実際、小林はその後間もなく鬼籍に入ってしまった。
それにしても、泉麻人も書いていたが、なんで黄桜だったんだろう?


こちらは空々しく白々しい呉越同舟の話。
踊る大捜査線ファイナルの宣伝で、織田裕二とギバちゃんがめざましテレビに揃って出演していた。
不仲で知られる2人の"奇跡のツーショット"。今回の映画はそれだけ気合い入ってますよということなのだろうが、小林vs江川に見られた緊張感はない。
さすが役者。といったところか。
聞き手は軽部アナだったが、織田裕二と軽部とくれば、山本高広にも出演してほしかった。そちらのほうが"奇跡のツーショット"度は高かったと思う。



▼関連作

412205025150の生えぎわ (中公文庫)
泉 麻人
中央公論新社 2008-05-23

by G-Tools



[ 2012/09/08 10:44 ] TV | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア