わたしの物語/関根元和


俺、私、ぼく、私、僕――五人の「わたし」の物語(掌編集)。


わたしの物語わたしの物語
関根元和

2012-11-17
売り上げランキング : 14632

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以下、ひとコメ。

『本読人』
ちょっと長いかな。せっかくの笑いどころが不発に終わっているのも、そのせいだと思う。何割か刈り込んだほうがキレが増す気がする。

『郷愁列車』
ショートショートらしい話。『トワイライトゾーン』というか『ウルトラQ』というか、センスが問われる"その手の話"を、うまく処理していると思う。後書きには「もう少し長くても」とあるけど、これでも長いよ~(笑)。

『喪服の彼女』
こういうのは好き。予想できてしかるべきなんだけど、オチは予想外だった。その手で来たか!という感じ。
4ブロック構成なので仮に起承転結として。自分だったら転は承に吸収させるかな。秘密発覚?からオチまではスムーズに処理したい。

『春とうららと桜色の夢』
百合ですか!? うん、百合だね。
普通に百合系コミックにありそうな話。好きです。

『視線』
自分もまた書く人であるので、早々に狙いが分かってしまった。
ネタ勝負だし、結構、評価の分かれる作品かもしれない。


作者の関根氏とは、随分長い付き合いになる。
知的好奇心旺盛な青年(当社比)で、その行動にはかねてより刺激を受けることが多いのだが、電子書籍での個人出版というのは、これまで以上にピピッと来た。
自分も近いうちにチャレンジしたいと思っている。

新作書かなきゃ。


[ 2013/01/17 16:16 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア