NPB 順位予想 2013 &どうなる二刀流


今年も戦力的には讀賣が抜けている印象。
もちろん、額面どおりには行かないから勝負事は面白いのですよ。
波乱に期待しましょう。

【セントラル】
1.讀賣ジャイアンツ
2.東京ヤクルトスワローズ
3.阪神タイガース
4.広島東洋カープ
5.中日ドラゴンズ
6.横浜DeNAベイスターズ

【パシフィック】
1.福岡ソフトバンクホークス
2.北海道日本ハムファイターズ
3.東北楽天ゴールデンイーグルス
4.千葉ロッテマリーンズ
5.埼玉西武ライオンズ
6.オリックス バファローズ


今年の球界最大の話題は、やはりファイターズ大谷の二刀流への挑戦になりましょうか。
でも、周囲はどれくらいの成績を持って"成功"と見なすのだろう。
たとえば打者で.280 HR10本、投手で10勝以上をコンスタントに記録できるとして、合わせ技で見れば申し分ないけど、片方だけだと好選手に過ぎないよね。
仮に大谷が天に約束された10年に1人の逸材だとしたら、こうした中途半端な成功こそ避けたいところ。
彼の挑戦の最も難しいところは、あるいは成績それ自体より、損益分岐の見極めになるのかもしれない。

[ 2013/03/29 08:05 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア