GODZILLA ゴジラ


先週の水曜日、ゴジラ(Godzilla)を観にいった。

けっこう楽しめたし、デカい画面、良質の音響で観ることができて良かった。
作品の優劣とは関係なく、劇場での鑑賞に向いた作品と、テレビでじゅうぶんな作品がある。この作品は紛れもなく前者。
時間と財布に余裕があれば、もういっぺん観にいってもいいな。

不満もある。
多くの人がレビューで言及しているように、平成ガメラ(第1作)が容易に連想されてしまうのが、オリジナリティの面でマイナスになっている。地震、原発事故、津波というタイムリーな素材を扱いながら、もっぱら怪獣現象としてそれを描き、深刻なテーマに深入りすることを避けたのも残念。ゴジラのリブートではなく、怪獣映画(怪獣同士が戦うエンターテイメント)のハリウッド版と捉えるなら、それもありなわけだけど。
それと、敵怪獣ムートーに魅力がないのも困りもの。あれは怪獣でなくてクリーチャー。やはり、怪獣に対する理解というか感性が違うんだろうな。


今回出かけた劇場は、豊島園駅前のユナイテッドシネマ としまえん。
最初は吉祥寺の予定だったのだが、都合のいい午後イチの上映回が3D吹き替え版ときた。3D版はあまり評判よくないし料金も余計にかかる。うちでながら見するならともかく、映画館で吹き替えはもったいない。ということで、地図上ではうちから近そうに思われる豊島園にチャリで出かけた。片道20分程度。思った以上に近い。
auスマートパスに入っていると、平日1,100円というのもいいね。

ただ、館内に入るや襲ってくるキャラメルポップコーンの甘ったるい臭いには閉口した。階を変わってもダメ。強烈な臭いが、どこまでも追いかけてくる。


GODZILLAチケット


入場券でも宣伝してるよ。
早くブームが終わらないかな。


超個人的特記事項として、実は今回がシネコン初体験。全席指定も初。
入れ替え制が主流になった高校時代から劇場に足を運ぶ回数が激減し、全席指定の劇場が増えてからはよほどのことがないかぎり腰を上げなくなった。
でもまあ、ゴジラですから。観ないわけにはいかないよね。


[ 2014/08/22 16:17 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア