加減しろよ


excite news :<司法試験漏えい>出来過ぎた解答で発覚 経緯は背景は?
司法試験の問題作成や採点を担当する考査委員だった明治大法科大学院の青柳幸一教授(67)=8日付で委員解任=が、受験生に試験問題を漏えいしたとして国家公務員法(守秘義務)違反容疑で告発された事件で、東京地検特捜部は教授の自宅などを捜索し、経緯の解明に乗り出した。 (中略) 今回の不正は、教え子の解答の完成度が他の受験生に比べて突出して高かったことから発覚した。ただ、法務省関係者は「1対1の関係で漏えいされた場合、表面化せず見逃されてしまう可能性も十分にある」と述べ、不正を完全に防ぐことは困難との見方を示した。



司法試験にかぎらない。なんであれ不正はよくありませんね。


思い出したことがある。
たしかあれは中3のとき。定期テストの真っ最中に、うしろの席の同級生に答えを見せてといわれ、応じたことがある。
記憶しているとおりなら、面倒くさいので解答用紙をそのまま渡したはずだ。
(おまけに、ほか数人の間で回覧されたような…)

結果どうなったか。

その同級生は、かなりの高得点をとってしまった。
彼女(女性だった。それが理由ではないんだけどね)のそれまでの成績からすると、明らかになんらかの不正が行われたと教師が疑って不思議がないくらいの。
当然、彼女と、前の席の――彼女の得点をカバーできる程度の解答を提出した自分は呼び出しをくらうハメとなった。
今と違ってふてぶてしかった時期でもありw、知らないで通しましたけどね。

彼女、丸写しはしなかったとしても、調子に乗って景気よく解答欄を埋めちゃったんだね。
そもそも、得点の調整ができるようなら、他人に答えを見せてなんて言ってはこないだろうし。

でもさあ……加減しろよっ!

青柳教授も、きっと今度の一件では同じことを思ったことでしょう。(^-^;


[ 2015/09/09 09:42 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア