カレンダーにあらず


Yahooニュース:稼ぎ頭でも“東宝の表紙”を飾れない「有村架純」〈週刊新潮〉
長澤まさみ(28)がV12! 映画賞の話ではない、来年の東宝カレンダーの表紙を12年連続で飾り、タイトルホルダーだった沢口靖子を超えたのである。
「1952年から半世紀以上にわたって続いてきた由緒あるカレンダー。これまで5年以上表紙を務めたのは4人だけ。山口百恵(5年)、古手川祐子(7年)、沢口(11年)、水野真紀(6年)、そして長澤なのですから、いまや邦画会社トップの東宝の顔というわけです」(業界誌記者)



アパート住まいということもあり、おっきいカレンダーを貼る場所はない。あるとしたらトイレ。
以前は、阪神タイガースの公式カレンダーをもらってトイレの壁に貼っていたのだが、入手できなくなったので、3~4年ほど前から東宝カレンダーに変えた。これも、飲み屋の知り合いに毎年もらっているものである。

さて、カレンダーというものは、月別カレンダーというものは、月があらたまれば捲って次の月にするのが当たり前だ。ところが我が家では、ずっと表紙のままなのである。なぜか? 長澤まさみだからだ!(笑)

東宝(+α)が誇る女優陣。むろん、他にも魅力的な女性もおそらくはいるのだろう。でも、やはり、自分的評価では長澤まさみがいちばん輝いているといわざるを得ない。
それでも、妥協して下部のカレンダー部分だけ毎月切りとって更新していたのだが、今年はそれも面倒くさくて表紙のまま11月まで来てしまった。もう、カレンダーじゃない。ポスターと変わらない(笑)。

さすがに、このままではいけないと思い直し、先日、今年初めてカレンダーをめくった。
一気に4月まで。

もちろん、モデルは長澤まさみだ(笑)。


東宝カレンダー


2016年版も入手できるかどうかは現時点では不明だが、どうやら長澤まさみは11月になるらしい。
一方、来年は2年連続で有村架純が5月のモデルになるとのこと。
今年は我が家的には涙を呑んでもらったが、来年版が手に入ったら、今度こそ、ひと月間くらいは架純ちゃんにも登板期待を与えられればと思う。


[ 2015/12/02 08:47 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア