大相撲秋場所回顧

もはや敵無し、ケガかポカ以外に負ける要素が見あたらなくなりつつある朝青龍に、いよいよライバル登場か!――といった感じに琴欧州が挑んだ9月場所だったけど、やはり最後は、思い切り役者の違いを見せつけられた。まあ、2人の将来を思えば悪くない結果かもしれない。
今回、外国人力士2人の優勝争いに違和感を覚える声が、いよいよよく聞かれたが、そんなことは外国人に開放したときから予想できたことで、寧ろ凋落一方の相撲を救ってくれてありがとうと2人に(その他の外国人力士たちにも)言ってやるのが、異邦の地の国技を極めんと孤独に精進する彼らに対する礼儀というものだろう。
[ 2005/09/26 18:12 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)
私も珍しく千秋楽見てました。
なんか大鵬の面影を色濃く感じる場所じゃなかったですか?
朝青龍が記録挑戦というだけじゃなく、琴欧州のほうにも。
いや、大鵬も白系ロシアの血を引くイケメンだったというだけの
ことなんですけど…(笑)
決勝戦、もし漫画だったら、立ち合う二力士の頭上に
大きく浮かぶ大鵬の顔、でしょうね。
[ 2005/09/27 18:59 ] [ 編集 ]
きな子さん。こんにちはー。
腰高であまり強く見えないあたりも、大鵬っぽいですね。>琴欧州
しかし、朝青龍も、今のペースだと大鵬の優勝記録に追いついちゃうんじゃないですかねえ。最近はケガがちだから、いつか勢いは衰えるとしても…。
[ 2005/09/28 12:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア