貸し出し期間は2週間


「取り置き期限がきている●冊だけ借りていきたいんですが」

図書館のカウンターで、そんなことを言っている人がいた。
予約した本が何冊かあり、そのうち1週間の取り置き期限が来た本だけを借りていきたいということだ。
そういう人は多いらしい。正直、どうかと思う。
予約順がまわってきたら、なるべく早く図書館に行き、そのとき「取り置き済み」になっている本はすべて回収する。でないとあかんでしょう。

取り置き期限は取り置き済みになってから1週間。これをギリギリまで引っ張ったとして、貸し出し期間の2週間がくわわれば3週間となる。
いや、この手をアリとされる方は、貸し出し期間が過ぎても少しくらいの延滞ならいいやと考えたとして不思議ではない。「1週間くらいは誰でもやってるよね」という具合に。
すると計4週間、1カ月弱、その本の回転が止まることになる。
貸し出し期間2回(人)ぶんとも言えますね。

2、3日だったら仕方ないかな。自分もごくたまにやってしまう。
でも、図書館の本は潜在的な利用者もふくめてみんなの共有財産。必要以上に手元に置くのはよろしくないと思うのです。


[ 2016/06/01 14:39 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア