マルちゃん正麺 スープの極み


近所の酒屋は現店主で四代目を数える老舗なのだが、バッタものや駄菓子、メダカやカブトムシも扱うなどw、老若男女に愛される地元の隠れた名店だ(たぶん)。
うちも、賞味期限切れ寸前の食品をよく買ってくる。中でもカップラーメンは、冷蔵庫が空のとき、夫婦ともに疲れているときのために是非備えておきたい必需品。買い置きが切れたら補充するようにしている。

もちろん、カップといえども変なものには手を出したくない。そんなときに安心して手を伸ばせるのが日清の麺職人だった。なかなかないよ、あの麺の食感は。特に "香る野菜しお"は我が家的にマストだった。

だがしかし、そこはバッタもんの宿命というやつで、いつしか店頭から消滅。
そこで、代わりをどれにしたものか試行錯誤したところ、これなんかいいんじゃないかと思ったのがこの銘柄。


らーめん


そこはマルちゃん正麺。さすがマルちゃん正麺。カップでも麺がしっかりしている。
味も、とんこつ好きな自分がじゅうぶん納得のいくレベル。

店の在庫が切れるまで、しばらくこいつと付き合ってみるか。



[ 2017/05/03 15:15 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
フリーエリア